陶芸体験はいかが?

 

 

陶工房風土の陶芸体験

 

 

500グラムの粘土で

 

 

好きなモノを2個まで作ることができます

 

 

殆どの場合 手ろくろを使って

 

 

粘土のお団子を置いて 潰して

 

 

ヘビを作って グルグル グルグル

 

 

壁を積み上げていきます

 

 

そして それをくるくる〜〜〜っと

 

 

ならしていき

 

 

ガタガタだった壁が きれいになっていきます

 

 

その メインとも言える くるくる〜〜〜の作業は

 

 

面白いんです❣

 

 

粘土が気持ちいいし スピードが出てると

 

 

形が変わっていくし

 

 

「おお! 陶芸やってる!」感が ゾクゾクします

 

 

IMG_7573

 

 

初めての陶芸体験のお二人

 

 

ろくろの上には どんっ! と かっこいい器が乗っかっています

 

 

一人ひとり 《こうしたい》気持ちは違うので

 

 

私はなるべくその気持を汲んで

 

 

必ず聞きます 「どうしたい? どんな器にしたい?」

 

 

「口は どうする? どんなのが良い?」

 

 

広げたい とか 高くしたい とか このままがいい とか・・・

 

 

皆さん違うので そこを一番大切に 仕上げていきます

 

 

私はそのお手伝いといいますか・・・

 

 

とても 楽しいですよ(^^)

 

 

 

 

IMG_7576

 

 

最後はこの形で 決まりました

 

 

高台を作って よく乾燥させて 焼きます

 

 

思ったように作っていった器は

 

 

他の方が見たら ???かもしれないけど

 

 

自分で納得して作ったものですから とてもかわいいんですよ

 

 

食卓に 自作の器があると ニコニコしちゃいませんか?

 

 

人間国宝の 井上萬二さんが

 

 

ホテルで食事をしている時 《あ、良い壺があるな》と思ってみていたら

 

 

ご自身の壺だった という話を読んだことがありますし

 

 

私の習った先生も

 

 

「あれ いいなあ~ 誰んだ?  あ、俺んだ! 」

 

 

ということがありました

 

 

自分のは好きなんですよ

 

 

きっとみなさんも つくるとわかります

 

 

粘土は 自由で 楽しいですよ

 

 

昔から 基本は 土と水と火

 

 

一度焼いたら 二度と土には戻りません

 

 

なんせ 縄文時代に作った器が ちゃんと残っているんです

 

 

どうぞ 体験に来てください