手話の勉強会に行きました

 

 

大きな台風が来ているようです

 

 

皆さんのお住いの地域は大丈夫ですか?

 

 

ここは今 すっぽりと雲の切れ間なのでしょう

 

 

曇っていますが雨は降っていません

 

 

町並みも静かなもんです

 

 

実は昨日は手話の勉強会の日

 

 

2時間かけて移動して3時間勉強して帰りは1時間半くらいで帰ります

 

 

今2年目です

 

 

我ながらよく続くもんだ・・・・と思います

 

 

人前で当てられるととても緊張してできなくて

 

 

情けない思いをして帰ることもあります

 

 

が 講師の方の思いに触れ感動して帰ることもまた多いのです

 

 

昨日もそんな日で 講師で来られていたMさんの

 

 

熱のこもった手話を見ていて 泣きそうになってしまいました

 

 

昨日のような手話が読み取れると

 

 

つくづく 手話がわかってよかったー 勉強した甲斐があったー!

 

 

 

と思ってしまいました

 

 

 

往復3時間半の疲れが吹っ飛ぶときです

 

 

その聾者の講師の方がおっしゃるには(手話でね)

 

 

みんな何人の聾者の友だちがおる?

 

 

もっともっと友だちをつくりんさい

 

 

100人の聾者の友だちをつくりんさい

 

 

喧嘩ができる聾者の友だち おる?

 

 

私はHさん(健聴の講師の方)が最初は遠慮しとったのが

 

 

今ははっきり言ってくる

 

 

私も間違うし

 

 

言われたらイラッとする

 

 

けど 嬉しいんよ

 

 

喧嘩ができるのが 腹立つけど嬉しいんよ

 

 

そんな友だちをいっぱいつくりんさい

 

 

・・・といった感じのお話で (あってるかな?読み取り)

 

 

手話なので無音なのですが がびりびり伝わってくるんです

 

 

あ〜〜〜〜感動したーーー❣ \(^o^)/

 

 

 

〈漱石 鈴が潰れてるし・・・・😄〉

 

 

 

手話つながりでもう一つ

 

 

昨日の朝のこと フェイスブックのお友達の申請がありました

 

 

見れば読み方もわからない外国人

 

 

??? 共通のお友達をみて納得

 

 

リクエストを承認しました

 

 

するとすぐにメッセンジャーでビデオチャットが来るではないですか!

 

 

ひ〜〜〜!!!どうしようかな~とおもって受けると

 

 

日本語対応手話をされるではないですか! (^o^)

 

 

その方は 聾者のトルコの方で 何かの日本語の翻訳をされているそうなのです

 

 

息子さんも聾者で トルコであった デフリンピックの砲丸投げのメダリストなのだそうです!

 

 

わぉ! 😆

 

 

首都アンカラに住んでいるとのことで

 

 

そのあと アンカラのきれいな写真が何枚も届きました

 

 

トルコ人の聾者の方と 日本語対応手話で会話するという

 

 

なかなかできない経験をさせていただきました

 

 

おっしゃ〜〜〜 次もがんばろ (^^)

 

 

 

(ベットの下から うらめしや~)